アスペルガーの子の「本当の気持ち」を読んで。

著者のアズ直子先生は、

ADD(注意欠陥障害)の傾向の強い

アスペルガー症候群だそうです。

 私は、

おそらく診断受けていないのですが、

ADDなのかなと感じています。

なので、

ADDのところかなと思う部分は

とても共感できました。

例えば、

洋服は、「苦しい」「かゆい」「難しい」は禁止。

楽な洋服で、チクチクしない服が、
本当は好きです。

「感情の片付け」を練習しよう。

結構感情の起伏が激しい。特に、身内に。
(最近は、食事とバッチで、かなり改善されました。)

忘れ物をさせない。

小学生のころから、異常に、忘れ物が多いです。
今も、多いので定期や鍵は、ビョーンと伸びるキーホルダーについています。


その他の共通点

遅刻魔(治りました)、運動音痴です。


新たな発見は、

左右の判断が咄嗟につかない。

小学校のころ視力検査で、左と右がわららなくって、もたついていたことを思い出しました。



話は変わって、本の中に


書かれていました。

(私はジョニーとティムが、

大好きでこの映画は、

何度も観ています。)


は、自閉傾向があったと前パートナーの

ヘレナ・ボナム=カーターは、

インタビューで、

答えていますね。

エドワード(シザーハンズの名前)は

ティム自身の投影なのかもしれません。

 
最後に、

アスペルガーの子どもたちへの

生きるヒントが、

たくさん書かれています。


発達障害の方だけでなく、

幼稚園、保育園の先生。

教師の皆さん、

あるいは、

職場の人間関係に

悩んでる方、

是非読んでみてくださいね。

f:id:sorahoshi:20150906162123j:image

お知らせ

私の地元

熊本県熊本市連携 発達障がいに関する講演会が行われます。




演題:発達障がいのある方の
   「働く」を支える
   ~当事者が求める支援・支援者ができること~

講師:アズ直子氏 、藤野淳氏

日時:平成27年9月12日(土)
   13:00~16:00(12:30受付)

場所:ウイングまつばせ 文化ホール

参加費:無料


首都圏で、

無料講演は、

まずありえないと思います。

お時間ある方是非。

お時間ない方

シェアしていただくとうれしいです。


詳しくは

熊本県南部発達障害支援センター

「ワルツ」で検索❗️